美容皮膚科の施術

美容皮膚科で行う施術を考えてみましょう。特に美容外科や皮膚科との線ひきが曖昧な部分もありますが、皮膚を美しく保つことに特化した分野であることから、その役割は期待できるものと言えるでしょう。まずシミに対しての施術があります。シミにはレーザー治療が主流で、最新型機器を導入している美容皮膚科も少なくありません。

たるみに関しては、赤外線と高周波を組み合わせ、肌細胞の中のコラーゲンを構築するという方法もあります。それによってコラーゲンの網の目がしっかり絡み合うため、ハリのある肌が生まれます。また肌のトラブルとして、ほくろや年齢イボがありますが、これは炭酸ガスレーザーなどで治療することがほとんどです。

他にもニキビで困っている人のための施術も専門です。その場合、ニキビ予防だけでなくニキビ痕をケミカルピーリングを使って、たいらにしていくという施術や、サルチル酸マクロゴールピーリングとフォトフェイシャルを併用して皮膚の角質をはく離させる施術も行います。またビタミン剤などの内服薬をすすめる場合もあります。

他にはくすみ改善、ニキビ痕の赤色を改善するのにイオン導入が効果的だと言われています。またフォトFeオーロラ、ピーリングなどの後でもイオン導入は使われます。他にも赤ら顔、生まれつきの
シミ、かんぱん、老化肌などさまざまな肌のトラブルに対応した施術をしています。

PICK UP|大阪の美容皮膚科ならMAME大阪心斎橋

Published by admin