美容皮膚科の脱毛

最近は全身脱毛を行うサロンが乱立し、価格をどんどん落として客取り合戦が行われています。そんな中クリニック脱毛とのサロン脱毛では、やはり安全性や脱毛の効果が違うとも言われるようになってきました。またサロン脱毛では、客をどんどん増やすことばかりに走り、施術の技術の低さや予約の取れない状態など、さまざまなトラブルが起こっているのも事実です。

しかし皮膚のプロとも言える美容皮膚科での脱毛は、さすがに価格は数割高くなるものの、サロン脱毛とは違った出来栄えと安全性が魅力です。もともとサロン脱毛で使う光脱毛機器と違い、レーザー脱毛機器を使っていること。そして毛の質や肌の質によってさまざまな光線にチェンジしながら、最適な脱毛を行ってくれます。

どうしても痛みの強いところは、医師による麻酔の使用もできることから、痛みに弱い人にもおすすめです。いくらやすい施術でも、なかなかすっきり脱毛が完了しないサロンより、ずっと早く永久脱毛が行える美容皮膚科の脱毛はやはりおすすめです。

施術中のトラブルもずっと少なく、たとえ肌トラブルが起こっても医師はすぐに薬の処方もしてくれます。すべてにおいて安心して施術をしてもらうことができるのは、やはり美容皮膚科ではないでしょうか。

美容皮膚科の施術

美容皮膚科で行う施術を考えてみましょう。特に美容外科や皮膚科との線ひきが曖昧な部分もありますが、皮膚を美しく保つことに特化した分野であることから、その役割は期待できるものと言えるでしょう。まずシミに対しての施術があります。シミにはレーザー治療が主流で、最新型機器を導入している美容皮膚科も少なくありません。

たるみに関しては、赤外線と高周波を組み合わせ、肌細胞の中のコラーゲンを構築するという方法もあります。それによってコラーゲンの網の目がしっかり絡み合うため、ハリのある肌が生まれます。また肌のトラブルとして、ほくろや年齢イボがありますが、これは炭酸ガスレーザーなどで治療することがほとんどです。

他にもニキビで困っている人のための施術も専門です。その場合、ニキビ予防だけでなくニキビ痕をケミカルピーリングを使って、たいらにしていくという施術や、サルチル酸マクロゴールピーリングとフォトフェイシャルを併用して皮膚の角質をはく離させる施術も行います。またビタミン剤などの内服薬をすすめる場合もあります。

他にはくすみ改善、ニキビ痕の赤色を改善するのにイオン導入が効果的だと言われています。またフォトFeオーロラ、ピーリングなどの後でもイオン導入は使われます。他にも赤ら顔、生まれつきの
シミ、かんぱん、老化肌などさまざまな肌のトラブルに対応した施術をしています。

PICK UP|大阪の美容皮膚科ならMAME大阪心斎橋

美容皮膚科の種類

美容外科はほとんどの人が役割を知っていますが、美容皮膚科は以外とはっきりした役割が知られていないようです。最近はテレビや雑誌などでも紹介されることも多くなり、やっと美容皮膚科の市民権を得たような感じがありますが、実際はどうやって美しい肌を維持するかという分野なのです。

日本ではまだまだ美容皮膚科は新しい分野でもあり、これからどんどん広がっていくことでしょう。日本人の肌に対する美学が高くなってきたことも、この分野の広がりの要因となっているようです。整形というものが広がっている今現在、逆にメスを入れることへの問題も見えてきています。

そして最終的には美しい肌が一番美しさを感じさせるということも、わたしたちは気付き初めているのではないでしょうか。美容皮膚科とは皮膚を特定した美容医療の1つであり、アンチエイジングブームが美容皮膚科をより広げていったとも言えるかも知れません。

しかし単にシミを消したい、シワを取りたいということだけでなく、どのような理由によるシミなのか。また細胞レベルのシワは、どうやったら増やさないことができるのかなど、単純に美容外科で行う整形手術とはまったく違った分野なのです。そして5年後、10年後の肌がいかにきれいでいられるか。そのためには今なのをすればいいのかなどを研究し、医療につなげていく分野と言えるでしょう。

特に美容皮膚科はさまざまな専用機器を利用して、さまざまな美肌対策をしていきます。また最近特に人気が高くなっている全身脱毛なども美容皮膚科で行っています。しかし美容外科や一般の皮膚科などで、同じ施術を違った分野で行うことも多くありますが、脱毛は美容皮膚科の専門でもあるのです。この辺の線ひきはなかなかはっきりしないところもあります。